[insoluble] (読み:インソルブル) クロスステッチとか手芸とか料理とか写真とかバイクとか動物園とか博物館とか水族館とかが好き。読書の日記です。 よろしくお願いします。

[insoluble] 読書と刺繍日記

絨毯柄のクロスステッチ

絨毯柄をクロスステッチ。これ↓が元ネタ。
moblog_978f349f.jpg

刺し始めだけど、こうなる。
moblog_8390a9e3.jpg

縦糸と横糸があるし、絨毯図面もクロスステッチ図面も同じだし、案外できる。

そして気づく。
絨毯の模様、割と適当…w
図面がアシンメトリーなわけではないよね。

フルに再現して、ミニチュア絨毯を作成してみたいけど、ちょっと大変過ぎるので、とりあえずはモチーフを抽出して小さく作成中。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ クロスステッチへ
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
スポンサーサイト



テーマ:ハンドメイドの作品たち - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013年02月28日 20:29 |
  2. 刺繍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【読書015】「婚礼、葬礼、その他」

婚礼、葬礼、その他」(津村記久子/文春文庫)


表題作「婚礼、葬礼、その他」と「冷たい十字路」の二本立て。

「婚礼、葬礼、その他」
本文中に「葬礼>姑の体調>婚礼」と書いてあるけど、主題としては「空腹>葬礼>姑の体調>婚礼」。

旅行を申し込んだその夜に届いた結婚披露宴の招待状。
寝坊して慌てて駆けつけた式の後、葬式に呼び出されたヨシノ。
朝食を食べそびれ、披露宴の食事に期待してお茶菓子を我慢したのに、その披露宴の食事を食べそびれ、選択が裏目にでる1日。
亡くなったのは惜しまれてる様子もない、名前も顔も知らない故人ときた。

愛人、実子、孫娘。死んだ見えてくる人間模様。
急遽早退した結婚式の現場から、トラブって入る電話。
どたばた劇だけど喜劇調ではなく淡々と進む感じ。
リアリティは無いけどコメディとしてはまぁそこそこ面白い。

「冷たい十字路」
こちらは表題作とはガラッと変わってマルチ視点サスペンス調だけど、色々ええええって感じ。トンデモ話の一種だと思う。
視点がバラバラするせいで統一感がなく、設定も無いわーって感じだし、被害者が分かるところで終わるエンディングも正直いまいち。

表題作はそこそこ面白かっただけに残念である。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

テーマ:読書記録 - ジャンル:小説・文学

  1. 2013年02月27日 10:27 |
  2. 読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【読書014】「38億年 生物進化の旅」

38億年 生物進化の旅」(池田清彦/新潮文庫)


義父さんからもらった。私が義母さんに本を借りて、二人できゃきゃきゃうふふしているのを見て、仲間に加わりたかったのではないか、というのが夫と私の共通見解。

前半は面白かったけど、後半、完新世に近づくにつれておそらく分かっていることが多くなるからだろうけど、分類に終始してしまっている印象。
生命の誕生から始まり、真核生物、多細胞生物の出現、環境変化に伴う大量絶滅と、そのあとに生じる生物分化の爆発。
筆者が構造生物学者であるため本書もその立場から述べられており、構造生物学的な進化の捉え方が、ダーウィンの進化論的な進化の捉え方とは全く異なるところに特徴がある。

内容的には少々難しい。
特に第一章は生命の始まりを論じるだけあって、DNA/RNAやたんぱく質、アミノ酸といった物質的な話、原始地球の環境と起こりうる化学反応、あるいは転写因子トランスポゾンの存在。
また、後半も分類の話が多くなるため、現代の生物、生物分類と古代の生物についてある程度の知識がないとイメージしにくいと思う。

本文で印象に残ったところから引用を交えてご紹介。(引用部は斜文字)

シアノバクテリアの出現後、真核生物が現れるまでには5億年~10億年ぐらいの時間がかかっている。(37ページ)
現在、人間は地球環境の最大の破壊者だなどと言われている(中略)。だが、地球の環境を改変した最初で最大のデストロイヤーは、シアノバクテリアであろう。(39ページ)
長きにわたってシアノバクテリアが反映し続けていた点、次のメインとなる出てくるまで5億年以上かかっていることからも、当時の生き物における酸素の猛毒性がうかがえる。
真核生物=好気性生物ではないだろうけど、本当に毒性廃棄物だったんだろうなぁ、酸素。
いくら大量にあったとはいえ、よくそんなものを利用するようになったよなぁ、生物。

狭義の「性」が「不死性」とトレードオフの関係になっている。(48ページ)
「性」を獲得して、交配により新個体が生まれる生物は、必ず死ぬ。生まれてくる個体は親個体とは別の個体だから。
単細胞分裂で増える時は、同じ個体が複製されるわけで「不死性」を持っていると言えばそうなのかなぁ。

いま生存している多細胞生物のグループは、不定形の側生動物を除けば、放射相称動物にしても、左右相称動物にしても、みな、鏡映対称性をもっている。しかし、エディアカラ生物群のこれらの化石グループはそういう鏡映対称性をもっていない。(59ページ)
古代では様々な対称性をもつ生物がいた。
鏡映対称性の生物のみになっているのって、絶滅を越えて生き残るほど優位だったからなのか、それとも単なる偶然なのか。
まぁ、植物だと、点対称や軸対象がある気がするけど。
形を違えど、対称性というのは、一つの安定した形、あるいは作りやすい形なんだろうな。

サメは幾多の困難を全部乗り越えてきた動物だと言えるかもしれない。デボン紀に現れ、デボン紀末の絶滅もペルム紀末の絶滅も、三畳紀末の絶滅も、白亜紀末の絶滅もすべて乗り越え、さらに、いつの時代でもコンペティション(競争)の相手がそれなりにいたであろうにそれらにも負けなかったという希有な生き物である。(中略)古生代から基本的な姿形も変わらないサメは、環境の変化に適応できる能力を持った最強の動物かもしれない。(100ページ)

鮫の生物としての完成度、マジ半端ない。
wikiによればデボン紀って約4億1600万年前から約3億5920万年前。デボン紀末の絶滅では、海洋生物の8割、ペルム紀末の絶滅で9割超、三畳紀末の絶滅で7割、白亜紀末で7割。この絶滅率からだけ見ても、完新世で生き残っている確率はざっくり0.001%、大量絶滅の前後は大規模な環境の変化が伴うと想像されるので、実情はもっともっと低いよね。

どんだけ完成された生き物なんだ、サメ。

環境に適して徐々に形が変わっていくのではなく、むしろ、形が先に変わり、その形に合わせた環境を選ぶというのが、動物の基本的なスタイルなのである。(108ページ)
大きな進化に関しては、構造の変化が先で、機能的変化が後、ということなのだと思う。(114ページ)
システム上の変化としてはとにかくいっぺんに新しい構造が出来てしまう。構造が出来た後に、機能的洗練の中で必要なものだけをセレクトしていき、数を減らしていくような方向に進化していく。(117ページ)

この辺は、進化について、ネオダーウィニズムでは説明が付きにくい部分を埋めるための議論だと思う。
ネオダーウィニズムの立場では、大進化は基本的に、小さな変化とその取捨選択の積み重ね(=自然選択)により、結果的に大きな変化(大進化)が生じる。
そうではなく、突発的な大規模な構造変化があり、それに伴って生物は居住地(環境)を選び、その後、居住地に合うように微調整するのだ、ということだと思う。

ネオダーウィニズムでは、首の長いキリンと、短いキリンがいて、進化の途中には首の長さがその中間のキリンがいたことになるけど、中間の首の長さのキリンが発見されないミッシングリングが存在する。
キリンの首は急に長くなったので、中間の長さのキリンは存在しない、という立場なのである意味でミッシングリングを埋めることができる。
だけど、なぜそういった大規模な構造変化が起こるのか、また突然変異的に生じた大規模な構造変化がどのように定着するのかといった議論がなく、物足りない印象。


生物系の学部生くらいの知識があったら楽しく読めると思う。
逆に言うと、高校生物くらいの知識は無いと、小難しくて意味が分からない気がする。
2012年の出版で、最新かどうかわからないけど、情報は比較的新しい感じがした。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

テーマ:読書記録 - ジャンル:小説・文学

  1. 2013年02月25日 08:56 |
  2. 読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(F刺繍図案)リンゴ

唐突に作ってみた。
フリー図案_リンゴ

リンゴちゃん。連続模様でも、ポイント刺繍でも。
刺しては無いので、実際刺してみたら変なところがあるかもしれないけど、とりあえず公開。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ クロスステッチへ
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

テーマ:ハンドメイドの作品たち - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013年02月22日 20:26 |
  2. 作り方・フリー図案
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(刺繍)銀杏模様のピンクッション

銀杏の連続模様でピンクッション。
moblog_b5858115.jpg

GOOGLEで画像検索結果をだらーっと見ながら作成…したのはいいのだけど、もともと参考にさせていただいたウェブページが分からなくなってしまったorz。参考にさせていただいた方、ごめんなさい。

生地はオックスフォード、糸はDMCとオリンパスのキットの余り糸。
黄緑と紺色っぽい水色と、マイルドな赤。
後ろは迷って水色の花柄コットン。この布、なんか好きで、でも少ししかなくて、もったいなくてなかなか使えない。
moblog_793f7c05.jpg

実は、2月末にオヤの講習会を受けに行く予定なんだけど、縫い針をもっていかないといけない。
誘った友人分と合わせて2人分、ポータブル裁縫セットを準備しようと画策中で、その一環。

イーネオヤというのは縫い針一本で糸をかぎ編みのように編んでいくトルコの伝統工芸のひとつ。
編み物だと思うのだけど、細い縫い糸のような糸を使うためか、刺繍本に載っていたり。

最近本屋の手芸コーナーでときどき見かけるのはこの本。
イーネオヤのアクセサリー 針1本で作る花レース


うちにあるのはこの本。
トルコの伝統レース イーネオヤ ~縫い針で編むレースの花~」(茜屋トルコ手工芸シリーズ)

間違いなく手芸本なんだけど、記載が妙に学術的で面白い。
面白いけど、残念ながら私は、これを読んで独学で編めるほどの能力者ではない。
むしろ編み物は苦手…。

今回行く講習会は「トルコのオヤ糸屋さん」主催の展示会のワークショップ。
物販も楽しみです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ クロスステッチへ
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

テーマ:ハンドメイドの作品たち - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013年02月19日 10:44 |
  2. 刺繍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0