[insoluble] (読み:インソルブル) クロスステッチとか手芸とか料理とか写真とかバイクとか動物園とか博物館とか水族館とかが好き。読書の日記です。 よろしくお願いします。

[insoluble] 読書と刺繍日記

(読書記録)「海嶺」

海嶺〈上〉」「海嶺〈中〉」「海嶺〈下〉」(三浦綾子/角川文庫)
  

天保三年(1982年)、尾張の国小野浦(愛知県の知多半島)から十四名の乗組員を乗せて出航した千石船宝順丸。
出航後間もなくの遠州灘で、激しい嵐に遭遇する。
船底に浸水する水をかき捨て、帆を落とし、生き延びた十四名であったが、嵐が過ぎ去った後の宝順丸は己の位置を完全に見失っていた。

帆もなく、己のいる場所も、変えるべき方向もわからず漂う宝順丸。時折訪れる嵐、脅かす水不足、そして壊血病。
一年二カ月の放浪をへて、奇跡的にアメリカ大陸に漂着したとき、生き残っていたのはわずか三名であった。

アメリカに漂着した音吉、久吉、岩松の三名は、現地先住民に捉えられ、全ての持ち物は没収され、先住民の奴隷にされる。
岩松がインディアンの別の部族に託した手紙がイギリス商社のハドソン湾会社の手に渡り、ハドソン湾会社の厚意によって三人は帰国の途につくことになった。
その後、滞在したアストリア砦で言葉を学んだ三人は、自分たちを先住民から救ってくれた人間たちがキリスト教徒であることに気付く。

その後、三人はイギリス軍艦イーグル号に乗り込み、アストリア砦を出て再び航海へ。

短い期間ではあるがロンドン滞在。
ステンドグラスも石造りの建物も、日本にはない目新しいものだった。
わずか数日間の滞在中に目にしたさまざまを胸に、三人はロンドンを出発し次の目的地マカオへ向かう。

マカオではドイツ人宣教師の家に世話になりながら、日本行の船を待つ。
この時、遭難からすでに四年が経過していた。

同じく薩摩から出向して遭難した四名の日本人との出会い。

途中、琉球に寄港した七名は、琉球の役人に「モリソン号を離れて、自分達の船で鹿児島へ行くよう」説得されたにもかかわらず、モリソン号事件での帰国を選ぶ。
彼らは、日本の船の脆弱性を痛いほど経験していたからだ。

だがしかし、浦賀。そして薩摩。祖国である日本から与えられたのは砲弾だった。

出航から遭難、アメリカ大陸漂着までを描く上巻。
アメリカ大陸漂着後、ロンドン到着までを描く中巻。
ロンドン滞在、マカオ滞在そして日本への帰還を描く下巻。

上巻~中巻が冒険譚であるのに対して、下巻は船から降りて現地の生活を受け入れていくさまが多く描かれており、人間ドラマの様相を呈している。
長編といっていい長さだが、飽きることなく、一気に読めた。

三人が当時の日本では迫害の対象であったキリスト教におびえながら、同じ人間として彼らの文化を受け入れ、やがて聖書の翻訳に四苦八苦する様子など、なかなか面白かった。
スポンサーサイト



テーマ:読書記録 - ジャンル:小説・文学

  1. 2012年12月25日 10:31 |
  2. 読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(読書記録)「bad kids」

BAD KIDS」(村山由佳/集英社文庫)


村山さん二冊目。
天使の卵 エンジェルス・エッグ」よりはこちらの方がおすすめ。

年上の写真家との恋に悩む女子高生都と、同性のチームメイトである幼馴染に抱く隆。
ふとしたきっかけでお互いの秘密を知りあった二人の間に芽生える友情を描く青春小説。

主人公達の設定は高校生だけど、大学生くらいのイメージで読んだほうがすんなりくるかも。
青春小説よりは恋愛小説。

同性愛者と異性愛者の友情的なものを描く作品という意味で「きらきらひかる」的なんだけど、「きらきらひかる」が当事者間だったのに対して、本作の主人公達の間に恋愛感情は無く、お互いの恋心を通して、友情が確立していく。

余韻を残す、といえば聞こえがいいが、オチのつかない尻切れトンボの終わり方はいかがなものか。
一冊ならそう気にもせずに読めるけど、二冊連続だとなぁ。単にオチを付ける能力がない作者さんに見えてしまうよ。

テーマ:読書記録 - ジャンル:小説・文学

  1. 2012年12月19日 10:39 |
  2. 読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(読書記録)「天使の卵」

天使の卵 エンジェルス・エッグ」(村山由佳/集英社文庫)


進路に悩む予備校生、一本槍歩太(いっぽんやりあゆた)、精神科医、五堂春妃。春妃の妹で歩太のガールフレンド、齋藤夏姫。
悩んだ挙句、進路を決めかねて浪人が決定した春の日、満員電車の中で出会った儚げな女性春妃に心を奪われた歩太。
逃げるように電車を降りたことを後悔するうちに、歩は意外な場所で春妃と再開する。

悲しみや喪失が、人の死に起因するばかりなのは、安直だと思う。
正直、子供(中高生)向け。
同僚のおにーちゃんが中学生くらいの頃読んで感動した本らしい。その人がこの本を読んだ年代を考えるとまぁ、ありかな。

内容と直接の関係はないけど、メインの登場人物が、今でいうきらきらネームで読みにくい。
名前が本筋に影響するわけでもないし、わざわざ読みにくい名前にせずに「歩」とかにしてはいけなかったのか…?

ヒロインも春妃に夏姫て…。
個人的に、儚げな女性の名前に「妃」の字は無い。
文章として読む以上、名前、特に文字のもつイメージにどうしても引っ張られてしまう。

「無茶苦茶せつない小説が書きたい」というのが受賞時の作者のコメントらしいが、「ほーら!人が死んだら切ないでしょ!!」ってされているだけで切なくは無い。

感情と理性との板挟み、納得していたはずのことをいざ突きつけられて受ける衝撃など、人間の理屈ではない場面、感情面の表現は繊細な感じであるので、可能性は感じる。

村山さんの本は、もう一冊買ってあるので、それを読んで再評価かなー。

テーマ:読書記録 - ジャンル:小説・文学

  1. 2012年12月12日 13:01 |
  2. 読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(刺繍)トルコの本から


トルコで買ってきた図案集より。
買ってきた図案集がたまたまそうだったのかもしれないけど、花、蝶々、鳥あたりが人気ありそう。あとは皿とかベビーカーとかの道具系。
ポーチなどにワンポイントで刺すよりは、サンプラーとかクッションとかの大物系で、幾何学模様は少ない感じ。
縁取りして輪郭をはっきりさせるのがセオリーみたい。

色数も多めなので、普段使っている布、糸数では徐々にさせなくなっていった…。
粗めの布で糸数少なくして今度再チャレンジしてみようと思う。

テーマ:ハンドメイドの作品たち - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012年12月08日 07:39 |
  2. 刺繍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(映画記録)「ハンニバル」

ハンニバル


羊たちの沈黙」シリーズ2作目。

前作の「羊たちの沈黙」から10年後。
10年前、全米を震撼させたバッファロー・ビル事件の解決直後、脱走し姿を消したハンニバル・レクター博士。
当時新人としてレクター博士に関わり、バッファロー・ビル事件を解決に導いたクラリスはFBIのベテラン捜査官となっていた。

麻薬王ドラムゴ逮捕作戦での失敗。5人の射殺とそして仲間の殉職。
マスメディアから批判を受け、窮地に追い込まれるクラリス。
クラリスに目を付けた、レクターに執着を持つ大富豪メイスン。
さまざまな人物の思惑が絡み合ってなされる、クラリスのレクター捜査への復帰。
そしてレクターからの手紙…。

捜査官、猟奇殺人者、人格異常者、追うものと追われるもの。信仰に似たサイコサスペンス。

以下グロ&ネタバレ注意。

続きを読む

テーマ:サスペンス映画 - ジャンル:映画

  1. 2012年12月05日 10:52 |
  2. 諸々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0