[insoluble] (読み:インソルブル) クロスステッチとか手芸とか料理とか写真とかバイクとか動物園とか博物館とか水族館とかが好き。読書の日記です。 よろしくお願いします。

[insoluble] 読書と刺繍日記

(読書記録)「世界ぐるっと肉食紀行」

世界ぐるっと肉食紀行 」(西川 治/新潮文庫)


人によってはグロとしか取れないであろう文書・写真あり。
タイトル通り、筆者が世界各国(といっても割と偏りがある気がするけど)を食べつくす一冊。
牛、羊、内蔵系等々。

私個人は、獣臭いのが苦手なので、食べることは無いと思うのだけど、食文化という観点ではおもしろい。
料理というより素材的な着眼点なのと、味に対する言及が浅いこと、「私はこう思う」ではなく「みんなこう思ってる」「常識だよね」みたいな文章で全く好みではないのが残念。
本書を読む限り、経験は多いけど豊かではないのかなぁ。

以前読んだ本で、「豚、鳥、犬」の三種を移住の際の家畜のベースとしていたけど、羊も加えても良さそうだよなぁ。あまりなじみの無い家畜なので忘れてた。
実際世界的にはどうなんだろう。家畜としての紀元は新しいとか?別のことが気になってきた。

本書、シリーズになっていて、内容的には面白そうだけど、作者の文章が合わないので、他の本は買わないと思う。ちょっと残念ではある。
スポンサーサイト



テーマ:読書記録 - ジャンル:小説・文学

  1. 2012年05月30日 10:26 |
  2. 読書
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

(読書記録)「ちょんまげ、くろにくる ぽんぽこ もののけ江戸語り」

ちょんまげ、くろにくる ぽんぽこ もののけ江戸語り」(高橋由太/角川文庫)


「ぽんぽこ もののけ江戸語り」シリーズの三作目。

前作の後編にあたる。ジャンルは時代妖怪物のラノベだと思う。

戦闘シーンが多いけど、爽快感があってよし。ただ、キャラクターとあいまって戦国無双とかその辺のゲームぽい。

ボリューム的には前作と一冊でもいけたくらいだと思うけど、二冊に分けたのが正解かなぁ。
私は前作から本作まで新刊待ちの時間があったから大丈夫だったけど、一度に読んだら、死ぬためにキャラクターが出てきた感じがしたかも。

オチが甘いかなー。
綺麗に解決するし勧善懲悪で、その辺はいいんだけど、死んだ人がただ死んだだけなのがちょっとなぁ。もったいない。

一応、高橋さんの作品では唯一お勧めしても大丈夫なシリーズ。

テーマ:読書記録 - ジャンル:小説・文学

  1. 2012年05月27日 09:54 |
  2. 読書
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

(読書記録)「科学の謎」未解決ファイル

「科学の謎」未解決ファイル」(日本博学倶楽部/PHP文庫)


品目数は多いけど中身は考察が薄く本当に流しているだけな印象。
知らないネタが少なかったのも一因だろうけど。

とりあえず、印象に残ったところだけ羅列。

女性は七年間は月経。
言われてみればそんなもんかとも思うけど、結構愕然とする期間だなぁ。
この月経期間が、寿命の男女差につながってるなんて説もあるとか。

ノシーボ効果。
プラシーボの逆、思い込みによるマイナス効果。


ミトコンドリアイブの否定、すなわちミトコンドリアが父性遺伝する場合の発見。


そのうち参考文献となってる本を少し読もうかな。

テーマ:読書記録 - ジャンル:小説・文学

  1. 2012年05月26日 10:00 |
  2. 読書
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

(読書記録)「きのう何食べた?(6)」

きのう何食べた?(6) 」(よしながふみ/モーニング KC)


会社帰りの本屋で見つけて即買い。
電車で普通に読んだけど、いつもよりもホモ分豊富で、ちょっとだけいたたまれない気持ちになりました。

肝心の料理部分は、時間をかけずに手間かけて、な感じのする丁寧な料理から、手を抜く方向のものがふえて少しなんだかなーといった印象。
コンビーフトーストとか、おいしそうだけど、自分の好きな味じゃなさそうでぐぬぬぬ。

作中、地味に地味に時間は経っているようなのが判明。

次巻はもっとホモ分薄まること希望です。

テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2012年05月25日 19:25 |
  2. 読書
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

食器

食器の一新を目論んでいる今日この頃。
うちの食器は一人暮らし開始時に、100均等でそろえた食器とか実家から持たされた食器がメイン。むしろノベルティとかあるよwww

で、どうせ買うならちょっと良いのがほしいなーと思ってみていたのが、このシリーズ。



ノリタケのハミングブルー。
青みの強い水色にパステルイエローのラインとピンク色の子花。
すごいかわいい。

ハミングブルーよりも価格帯が上がるけど、ノリタケのヨシノも好き。
  
一枚目のほうは、実家にあった気がしなくもない。超お客さん専用だった記憶。
そして二枚目のほうは、ホワイトデーに義理の祖母さんにあげた。

なんとなくノリタケが好きです。

単品でみるとエルメス(HERMES)ガダルキヴィールとかもかわいいよね。

ビビッドで可愛いけど、どう使っていいのかわからない。

せめてティーカップだけでも、とか思うけど、むしろティーカップは余ってる。
優先度的には深めの中皿とやや大きめの小鉢。

食器集めたい欲求。がさつなのでうっかり割りそうで、なかなか手が出せない。それが食器。

テーマ:ブランド・ショッピング - ジャンル:ファッション・ブランド

  1. 2012年05月23日 10:34 |
  2. 諸々
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0